2013年06月07日

日本製コードバン長財布、小銭入れがないのでとてもスマート!


 日本製コードバン長財布とは?


 






コードバンという言葉の由来は、スペインのコルドバ地方の山羊革(コードバン)に似ていることから、「コードバン」と呼ばれるようになったと言われています。

 コードバンは、ヨーロッパで食肉用として生産されている農耕馬の革で、この馬の数も少ないことから、採れる革もごく僅かで、とても希少価値の高い革なのです。これがコードバンの最大の特徴だと言えます。

 その為、「革のダイアモンド」「幻の革」と言われるくらい希少価値が高い高級な革なのです。



 ココマイスターのコードバン長財布は日本製ですが、輸入してきた革を日本の職人の手で作り上げた日本製の高級な財布と言えるでしょう。




 日本製コードバン長財布は、こちらから!




 











 日本製コードバン長財布を愛用している方の声をどうぞ!

 日本製コードバン長財布は、コードバンという革自体が貴重で、革の価値も年々上がっているそうです。そのため、半年待ってようやく、ココマイスターで念願の日本製の長財布を手に入れることができました。についても品切れが続いていました。

私が買った日本製コードバン長財布は、小銭入れがないので、とてもスマートです。ですから、スーツによく似合います。

日本製コードバン長財布は、光のあたり加減で光沢や色が微妙な変化を見せてくれます。見ているだけでほれぼれしちゃいます。










     


日本製コードバン長財布









posted by coco at 17:21| コードバン